自毛植毛VS育毛剤

時代の流れによる、技術の進化に僕ははっきり言ってついていけません。
携帯だって、いつの間にかガラケーからスマホに変わってしまい、パソコンもタブレットに…最近の学生は、パソコンでワードやエクセルができないと聞きました。
なぜかって?タブレットがあれば、彼らは全てを解決できると思っているそうです。
それが、タブレット世代だと知りました。

 

さて、そんな時代の最先端の中で、自毛植毛を育毛剤はいったいどちらがいいのでしょうか。
それぞれを比べてみましたので、参考にしてみてください。

 

 

自毛植毛…ほぼリスクがなく毛を増やすことが可能だが、高額であるのと、多少の傷が残ることが懸念される。
カツラやウィッグはメンテナンスが必要だが、自毛植毛の場合はメンテナンスの必要はない。
ただし、移植する部分の毛を手術時に刈上げる必要があるため、本数によっては隠すことが困難となる場合もある。
この場合は一応人工毛を貸し出してくれるようですが…。
自毛植毛をする場合は、だいたい3か月は少なくともかかると思っておいた方がよさそうです。

 

育毛剤…本気で毛を生やしたいと思うのであれば、1000円程度の育毛剤でははっきり言って効果は見込めません。もし、その値段の育毛剤を使用し続けるのであれば、頭皮マッサージ用と考えておいた方がよいでしょう。
本気で育毛剤により、髪の増量を目指している方は、5000円〜1万円位の育毛剤を検討すべきだと思います。
恐らく、ドラッグストアで購入するのは難しいので、ネットで検索してみましょう。
そして、自分の症状に合ったもの、できるだけ添加物の入っていない低刺激タイプを購入するようにしましょう。

 

どちらにも共通して言えることは、口コミなどで他人の意見を参考にすることです。
中にはサクラもいるかもしれませんが、真剣に書いてくれている人もいます。
そういった、口コミの中からできるだけ同じ症状の人を探し出し、その人にどういった作用が現れたのか、参考にしてみるといいでしょう。
副作用については、体質などもありますから、皆が皆同じく出ないわけではありませんし、逆に、一人に出たからと言って、皆に出るわけでもありません。
また、大きな違いとしては、自毛植毛は比較的すぐに効果が出ます。
一方で、育毛剤を使用する場合は、緩やかな効果の現れとなるでしょう。
そのことを忘れず、育毛剤を使用する場合は焦りは禁物です。
数か月から半年、長ければ1年スパンで考える必要があるかもしれません。
いずれにしても、自分はどういう風にしていきたいのかが一番重要です。
お金のこともあるでしょうし、時間のこと、他にも考えなければならないことがあるかもしれません。
自分が一番納得できる方法を選択して、脱若ハゲを目指していきましょう!